スキンケアの救世主・ニベアの特徴とは? | ハンドクリームはどれがお好み?

ハンドクリームはどれがお好み?
Home » お好みのハンドクリーム » スキンケアの救世主・ニベアの特徴とは?
お好みのハンドクリーム | 12月17日更新

スキンケアの救世主・ニベアの特徴とは?


ハンドクリーム界の王道といえばニベアの青い缶を思い浮かべる方も多いと思います。
そこで、ニベアのハンドクリームの特徴をご紹介します。
ニベアは、値段の割に成分が良く、コストパフォーマンスが高いハンドクリームとして人気が出てきています。
海外のセレブも利用するドゥ・ラ・メールのスキンケアクリームと成分が似ているという事で、手だけではなく顔のスキンケアに利用する人も居るほどです。

水の次に多く含まれているのが、ミネラルオイル、ワセリン、グリセリンといった油分です。
油分が多いのは、それだけ乾燥を防ぐ能力が高いという事であり、手に塗りこむことで水分が抜けていくのを防ぐ事が出来ます。
手指のガサガサは、乾燥を防ぐ油分が手に少なくなる事から起こりますので、こうした油分がたっぷりのニベアクリームで油膜を作ってやる事が重要です。

また、油分だけではなく保湿成分もしっかり含まれています。
ラノリンアルコール、スクワラン、ホホバ油…といった、単体でもスキンケアに使われるような成分がしっかり含まれているので、保湿プラス油でふたをする、という基本的なケアが1アイテムでできると言うわけです。
シンプルながらも、肌ケアのつぼを抑えた構成が万人の肌トラブルに効くために人気が出てきています。

顔のケアと同じように、手あれに大切なのは「保湿」です。
ただし、保湿成分が含まれているハンドクリームでも、水分を手に閉じ込めておくだけの油分が無ければ治療できません。
ヒビ・あかぎれといった痛みを伴う手荒れを治したければ、ニベアのような油分の高いハンドクリームを使うと良いでしょう。

top