人気ハンドクリームの成分比較 | ハンドクリームはどれがお好み?

ハンドクリームはどれがお好み?
Home » お好みのハンドクリーム » 人気ハンドクリームの成分比較
お好みのハンドクリーム | 04月05日更新

人気ハンドクリームの成分比較


img010

人気のあるハンドクリームというのは効果がある、価格が安い、信用できるなどが挙げられるのではないでしょうか。
そこでそれらのハンドクリームの成分を比較してみようと思います。

一口にハンドクリームの成分と言ってもいろいろな種類があるので様々です。
基本的に保湿効果はどのハンドクリームにもあるのですが、乾燥肌の人や、ひび割れあかぎれで悩んでいる人、肌がガサガサゴワゴワの角質が厚くなってしまった人などで選ぶハンドクリームの成分は変わってきます。

乾燥肌にきくハンドクリームは?

乾燥肌の人に効果のあるハンドクリームで人気のあるものには、たいていヒト型ナノセラミドやヒアルロン酸などが配合されています。
他にもローヤルゼリーやグリセリン、コラーゲンなども配合されているものもありますが、いずれも保湿効果のある成分ばかりです。

あかぎれ、ひび割れにきくハンドクリームは?

あかぎれ、ひび割れなどの手荒れに効果のあるハンドクリームにもセラミドなどの保湿成分が配合されていますが、ビタミンEやヘパリンなどといった血行を促進する効果のある成分が含まれているのが多いようです。
ただ基本的に保湿成分が多く配合されたハンドクリームを塗ってマッサージを良くし血行を促進することでもケアはできるので人気のハンドクリームとなるとその成分には少々ばらつきがあるかもしれません。

尿素配合のハンドクリームの注意点

そして尿素配合のハンドクリームですが、尿素10%や尿素20%といった感じで、他に保湿成分が含まれているのがほとんどです。
良く尿素入りハンドクリームというのが肌荒れに効果があるとされ使われていますが、基本的に、尿素には硬くなってしまった角質を柔らかくする効果があるだけなのですでに柔らかくなった角質に使うのは逆効果になってしまいます。

top