ハンドクリームの使用感を比較! | ハンドクリームはどれがお好み?

ハンドクリームはどれがお好み?
Home » お好みのハンドクリーム » ハンドクリームの使用感を比較!
お好みのハンドクリーム | 12月17日更新

ハンドクリームの使用感を比較!


実際に筆者が使った事のあるハンドクリームで、使用感を比較してみたいと思います。

まず、ロクシタンのハンドクリームです。
こちらは、海外旅行に行った同僚からお土産でもらいました。
空港の免税店等でも良く見かけますね。

実際につけてみた感じは、伸びが良くて非常にいい香りがしました。
過去に使った事のあるハンドクリームの中でも香りが上品で、香水のようなにおいでした。
シアが入っているようですが、油のべたつきはさほど感じないと思います。
マウスを握っても違和感がありませんでした。
しかし、あかぎれのひどい肌には少々効き目が弱かったように思います。

次に、アベンヌのハンドクリーム。
こちらは、とにかくさらりとしてつけ心地のよいクリームでした。
保湿はしっかりとしてくれて、かつさらりとしているので、料理をしたり作業をする時につけると良かったです。
さらりとしているので、気になって何度も塗り直しをしたせいか割と効果があったように思います。
とにかくベタベタさせたくない…という人にお勧めです。

そして、香りと保湿のバランスが良いのがジェラート・ピケのハンドクリームです。
しっとりしているのにべたつかないというのが使い易いクリームで、さらりとしていながらも手を洗うとちゃんとバリアがされているのがよくわかります。
成分はクバスバター、スクワランオイルをベースに、ヒアルロン酸、保湿効果の高いシアバター、そしてスターフィッシュエキスが肌荒れを防ぎます。
これに無印良品のホホバオイルを合わせて使っているのですが、今のところひび割れ知らずです。
オールラウンドに手荒れを防いでくれるのではないでしょうか。

ハンドクリームは手荒れに効くかどうかと同じくらい、塗った時の使用感も重要だと思います。
比較したい人の参考に少しでも使っていただければ幸いです。

top