ハンドクリームの種類とは? | ハンドクリームはどれがお好み?

ハンドクリームはどれがお好み?
Home » お好みのハンドクリーム » ハンドクリームの種類とは?
お好みのハンドクリーム | 12月17日更新

ハンドクリームの種類とは?


ハンドクリームの選び方にも関わる事ですが、販売されている種類をある程度把握しておくと自分の症状にあわせて適切なものを使う事が出来ます。
まず、ごわごわの固い肌にオススメの、尿素が入ったハンドクリーム。
体の中にある皮膚を柔らかくする成分で、固くて浸透していかない肌をまずは柔らかくすることができます。
肌の古い角質を取ってターンオーバーを促すような働きがあるので、柔らかい肌に戻す事が出来るのです。

次に、ひび・あかぎれのような症状がある人におすすめの、油を補うハンドクリーム。
これは、例えばビタミン系の血行を良くする成分と、油分が入ったものが代表的です。
ワセリンといった油分が多いハンドクリームでふたをすると、肌の保湿力が促され、モチモチの肌によみがえります。

また、粉が吹いたり皮膚がつっぱるような肌の人にお勧めのハンドクリームが保湿成分の高い種類です。
ヒアルロン酸、セラミドといった水分を肌にとどめる働きのある成分が入っているのが特徴となります。
保湿をしっかりすると肌のバリア機能を高めるので、刺激や細菌にも強くなります。

敏感肌の人に使えるのは、天然由来のハンドクリームです。
また、敏感肌用の厳しいパッチテストをクリアしたものもあります。
ココナッツオイル、ホホバオイルといったオイル系のものを使うのも手です。
こうして少しでも保湿をすることで、アレルギー症状が緩和することもあります。

日焼けの刺激も手には良くありません。
特に敏感肌の人にとっては、日焼けの刺激から手荒れが悪化してしまうこともあるからです。
こうした人にお勧めなのが、日焼け止め効果のあるハンドクリームです。

様々な種類のクリームがありますが、特徴を知っておけば自分にぴったりの一本を見つける事が出来るでしょう。

top